2style.net

広域飯能斎場で今年になって二回目のお葬式に参加してきた。

広域飯能斎場の正面写真

仕事がらこのような葬儀によく招待されてしまい困っています。営業職では仕方のない事なのかもしれません。関東各地で葬儀に参列してきたので、やたら詳しくなったこの機会に火葬について注意点などお知らせしたいと思います。住んでいる地域から埼玉県の田舎町、広域飯能斎場をたとえて説明したいと思います。わが家もすでにおじいちゃんとおばあちゃんで二回も火葬でお世話になった斎場です。駐車場も広く地元では良く利用されている葬祭場です。

火葬場が無いとコストがかかる

広域飯能斎場

広域飯能斎場は、飯能市、狭山市、日高市の三つの市で構成された組合により運営されています。斎場とは通夜や告別式、葬儀などを行う場所のことですが、広域飯能斎場では斎場と火葬場が併設されています。広域飯能斎場のように同じ施設の中で葬儀と火葬の両方を行うことができれば、斎場から火葬場への移動の必要性がなく便利といえます。火葬場が併設されていない場合には、マイクロバスなどで火葬場へ向かうことになります。火葬場が無いとコストがかかるという訳です。

埼玉県 公営斎場