本日の鍵の駆けつけ事例をリポートします。


つい最近のことですが、自宅の家の鍵を紛失してしまったという男性の家の家に入れるようまずは玄関開錠。鍵交換という簡単なお仕事でした。家は築20年以上は経っているようでした。今まで家を守ってきた鍵はすでに生産ストップしているM社製の鍵ということが判明。古いレバー式になっています。私の実家もこれでした。当時は家によく取り付けられておりました。古い鍵なのでラッチやカンヌキなど細かいパーツが壊れたという相談が多くあります。古い鍵なので壊れてしまうと直すことができないケースがかなります。今後のためを考えて防犯性の鍵に変えることでお客様に喜ばれました。最近の出来事。東芝、債務超過のリスク後退も収益力の強化急務(ニュースイッチ)Yahoo!ニュース自動運転トラクターに学ぶ、「運用自動化/自律化」の本質(@IT)
太宰府市 鍵屋 鍵開け 鍵交換 鍵修理     仙台市 鍵交換は玄関鍵の交換     鍵屋
2style.net