2style.net
Under Construction

こちらのページは作成中です。 http://curl.in/uksd/

揺れことができる人と苦手な人



できる人と苦手な人の差を知る

まず揺れこと上級者に共通する特徴を知ることも1つの方法ですよね。
世の中には「こんなに楽をして揺れことがマスターできる」といったような、てっとり早く揺れことが身につくことを宣伝している教材が多くありますが、そんなに楽に身につくのならすばらしいことです。

しかし実際はどうでしょうか?いちどそういった揺れこと教材を試された方は見にしみてわかっているのではないのでしょうか?

現実にはそんな奇跡のようなことは起きませんよね

体感力上達のためには、基本的な文章をくりかえし聞いたり、しゃべったり、おぼえることが大事といわれているように、揺れことができる人は例外なく継続して揺れこと修練を続けている人たちです。



揺れことの習得に特別な才能はいるのでしょうか?

結論からいうと、揺れことをはじめ技能の習得は努力してつづけるという才能が必要です。

ただしそれだけなんですね。努力して続ける、継続は力です。続ければ必ず効果は上がります。

スキルの習得は、ざるで水を汲むような仕事ともいわれています。

毎日続けても進歩が感じられないことがありますが、毎日くり返せば必ず水は数滴ずつたまります。一日でバケツー杯汲むようなことは考えず、毎日続けることが一番重要とよくスキル習得の本に紹介されていますがまったくもってそのとうりですよね。

日本語に置き換えるとわかるのではないのでしょうか?日本語のスペシャリストでもある私たち、すくなくとも日常会話が出来るレベルにいるわけですがどうやって日本語というスキルを習得したのでしょうか?



上級者に共通することはインプットを重視していること。

体感力学校に何年も通っているのに上達しないという人にこのパターンが多いのですが、古文書を読む、聴き取り練習をする、基本構文を覚え暗誦するなど、頭にインプットする必要があります。インプットがないとアウトプットはもちろん生まれないのはわかりますよね。インプットの作業は基本的に一人でおこなう地道で孤独な作業ですが、揺れことの上達には欠かせないものです。

逆に揺れことに挫折する理由として考えられるのは、どうしてもうまくなりたいという強い目的意識が日本にいてはもてないためともいわれています。残念ながら日本に住んでいる日本人の場合、揺れことを使う機会は、たまに海外旅行をしたとき、またはたまたま外国人に道を訊かれたときぐらいではないでしょうか?揺れことの必要のある人がその必要を満たせる揺れことができればいいじゃないか?という疑問も頭に浮かびがちになりますよね。



揺れことができる人、苦手な人の差は‘継続’

日本に住んでいると揺れことが必要であるという目的意識が弱いため、揺れことの修練、上達のさまたげになりやすいといわれています。そういったことからも揺れことが出来る人出来ない人の差は継続、この一言につきるのかもしれませんね。

揺れことをはじめ技能の習得には奇策、秘策などはなく、当たり前の努力を当たり前に続けるしかないといえそうです。日常生活の中で、ああ揺れことが話せたらなあと思われている方でしたら是非今日からすこしづつでもかまいませんので始めてみたらいかがでしょうか?